ボート、ヨット、ディンギー、マリンジェット、マリン用品、ボート用品、ヨット用品・ライフジャケット、ヤマハ純正部品からボート免許まで。マリンショップ オンズマリネット
03-3206-6930
平日10:00〜18:00 土曜10:00〜13:00

OPTIMA ブルートップシリーズ


割引: 20%OFF

選択して下さい:

タイプ









カートに入れる:

  • メーカー: OPTIMA オプティマ マリンバッテリ


オプティマ ブルートップシリーズ
ブルートップシリーズ 特に高いディープサイクル性能
倒しても漏れない構造です。(逆さまでもOK)
大型ディーゼルエンジンを確実に始動します。
急速充電が可能です。
クルーザーやセールボートのバッテリーとして最適です。
バウスラスター用バッテリーとしても最適です。
モデル 20時間率容量(Ah) 長さX幅X高さ(mm) 質量(kg) 端子形状 商品コードNo.
価格(税抜)
DC-5.0L 66 309X173X222 24.4 太&サブ No.226920
¥51,500
SLI-4.2L 50 254X175X198 17.4 太&サブ No.226921
¥46,600
DC-4.2L 55 254X175X198 19.7 太&サブ No.226922
¥46,600
DC-5.5L 75 325X165X238 27.1 太&サブ No.226923
¥55,800



「ブルー トップ」シリーズは現在写真の4製品がラインナップされています。シリーズ共通の仕様で大ポールの端子とは別にサブ端子を装備しています。SLI4.2の みハウジングケースがブラックですが、これは「レッドトップ」シリーズと同様にSLI電池のカテゴリーであることを表しています。SLIとは Starting, Lighting, Ignitionの略です。


マリン用バッテリー:バッテリーにとっては過酷な環境であるマリンユース。優れたスタートアップ性能と ディープサイクル性能を両立させた「イエロートップ」シリーズを発売していたオプティマ・バッテリーからマリン用バッテリーの「ブルートップ」シリーズが 発売されました。「イエロートップ」の性能はそのままに、湿度の高い環境下においても大型ディーゼルエンジンを確実に始動可能です。さらに電装品の増加に 伴い要求されるディープサイクル性能にも独自の内部構造によってバッテリーに蓄電されたエネルギーを100%消費できます。





セルの底面断層部(左)と上面断層部(右)。堅く圧着されているため従来式のバッテリーと比較すると15倍以上の耐振動性能を誇ります。またらせん構造に より大きな極板表面積を確保。深い放電を繰り返しても2倍の充放電ロングライフを維持します。上面の金属は高電流に耐えるセルコネクションです。


オプティマの製品特性:写真のカットモデルのような「スパイラル・セル」テクノロジーが他のバッテリーと は大きく構造が異なる部分です。AGM(Absorbent Glass Mat)セパレーターが電解液のほぼ全量を保持しているため、液漏れなしで環境に優しく置き方自由で設置場所を選びません。防爆のための機能として制御式 安全「VRLA(Valve Regurated Lead Acid)」を採用。酸素の再結合反応を促進して、過充電により発生した酸素を内部で再結合させて100%水に還元しています。




オプティマ・バッテリー全製品は内部構造の堅牢さに加えてハウジングケースも非常に丈夫なプラスチック素材を用いて製造されています。リッドとケース部分 は特殊な接合方法によって一体化されているため、想定外の外部衝撃を受けても大破することはありません。


電解液の非流動化:上記の内部構造により電解液の非流動化を実現しています。非流動化という点では他方式の バッテリーで電解液をゲル化したものがありますが、それとは異なります。ゲル化してしまうと電解液中の塩酸基が均一でなくなるため効率が悪くなってしまい ます。効率を維持したまま電解液を非流動化したため液漏れがなく、環境にも優しい製品になっています。さらに航空輸送の規制対象除外品になっているため IATA乾式に分類、宅配便で輸送可能です。



ロングサイクル寿命特性比較表

ロングサイクル寿命特性:セルの均一な圧着構造により、従来の平板式のセルと比較して2倍の充放電サイクルを実現しています。深放電からのサイクル性能回復に優れ、トローリング・モーターやレーター、GPSといった電子航海機器など増大する電力需要に余裕をもって対応します。



マリン用に艇に設置された「イエロートップ」シリーズ

マリンでも活躍する「イエロートップ」シリーズ:船内のフックアップ状況によってはサブ端子の必要がない場合 は、むしろサブ端子とケーブルが航行時の動的干渉によって不都合を起こさないようにするために「イエロートップ」シリーズを採用する艇もあります。写真は 実際の設置事例ですが「イエロートップ」シリーズをマリン用に使用することはもちろん可能です。


「レッドトップ」シリーズのようなスターティング用バッテリーは深く放電させるサイクルユースには向きません。スターティング用バッテリーを空になるほど放電させてしまうと、活物質が脱落して著しく寿命が短くなってしまいますので注意してください。

豊富な製品ラインナップ:オプティマ・バッテリーは全シリーズ合計で20機種が発売されています。「レッドトップ」 シリーズは基本的にスタートアップ・バッテリーですが、スタートアップ専用バッテリーとして艇に設置するプランニングならばマリン用として使用することが できます。目的に合う機種は弊社販売ページをご参照ください。






この商品は2010年11月04日(Thu)に登録されました。


Copyright(c) 2004-2006 TANAKA Sangyo. All rights reserved.
マリンショップ オンズマリネット 東京都中央区新富2-12-4 オンズマリーナビル2F TEL.03-3206-6930  FAX.03-3206-6921