ボート、ヨット、ディンギー、マリンジェット、マリン用品、ボート用品、ヨット用品・ライフジャケット、ヤマハ純正部品からボート免許まで。マリンショップ オンズマリネット

ゴムボートのメンテナンス方法

ゴムボートはメンテナンスをしっかりと行えば、非常に長持ちします。また、フィッシングからラフティングまで様々な遊びができる優れものです。しかし、メンテナンスを怠ってしまうとゴムの劣化に繋がってしまうこともあります。しっかりとメンテナンスを行い、楽しく安全に利用しましょう。

海でゴムボートを使用した後のメンテナンス

海水は川の水と違って塩分が含まれています。ゴムボートを濡れた状態でたたんでしまうと、海水が腐り不快な臭いを発したり、塩が固まって付着しべとついてしてしまうため、次回使う時クリーニングに手間がかかってしまいます。そのため、海から上がったらまずタオルなどで水分をしっかりと拭き取り、ある程度乾燥させてから片付けましょう。
また、自宅に帰ったら、海水をしっかりと落とすために水で全体を洗い流しましょう。

紫外線対策

ゴムでできているゴムボートは、紫外線に弱く、紫外線にさらされていると劣化速度が早まってしまいます。また、大気中のオゾンによってもゴムは劣化してしまいます。そのため、できるだけ日光が当たらない場所に保管することが大切です。風通しがよく日光の当たらないガレージ内などに保管しておくと、持ちもよくなるでしょう。

水圧に注意

ゴムボートを洗う際、高圧洗浄機を使う場合は水圧に注意しなければいけません。ゴムボートは接着剤を使い、複数のゴムで作られた生地を貼り合わせて作られています。貼り合わされた生地のつなぎ目に、高い水圧をかけてしまうと生地が剥がれてしまい、ボートが壊れてしまう可能性があります。水圧に気をつけ、ゴムボートから少し離れて水をかけながら洗っていきましょう。

保管場所

保管場所は風通しが良く、高温にならない場所が最適です。車に載せっぱなしにしてしまうと、高温になってしまいゴムの劣化が早まってしまいます。ゴムボートは、紫外線が当たらず、涼しくて、風通しの良い場所に保管しましょう。また、保管の際に少しだけ空気を入れたままにしておくと、ゴムの生地同士がくっつくということも防げます。

高品質なゴムボートを通販でお探しの方は、オンズマリネットを是非ご利用ください。オンズマリネットでは素材・構造など様々な部分にこだわって作られており、耐久性に優れ、世界レベルの品質を誇るアキレスのゴムボートを取り扱っています。
またGPSプロッタ魚探やウォーカーベイなどの商品も豊富に取り揃えています。ウォーカーベイは専用の船外機などのオプションを取り付けることによりディンギースタイルも楽しめます。マリンスポーツやアウトドアを楽しむなら、オンズマリネットの通販をご利用ください。